matatabi.jpg

「笹川うた子」歌集のお申し込みはこちらのフォームにて
オールカラー104ページ 税込み1260円(送料無料)

2007年03月28日

またたび通信 婆ちゃんのつぶやき5

 おや?うーん、もうつぼみがふくらんだのか
合掌の形を解いて一番早く花になるのがわが茅屋の庭の白木蓮である。
そしてたったの3日だけ清らかに燗漫として咲き極まると、一斉に潔く
散り急いで大地を真っ白にしてしまう。
この花が咲くと、私はなぜか先にあの世への道を歩んで行った人々の
魂が花の中に降りて久方の物語をして又還ってゆく、
こういう思いがいつの間にか胸にほのぼのとした灯りを
ともしてくれるような信仰が育ってきて、雪のように散る
花丁に向かって手を合わせる仕草をかかしたことがない。

 庭の土壌に誤差があるのか水が及びかねるのか石楠花にも
梅も白樺も百日紅もあまり健全な歩みとは思えないのに、
木蓮だけはひとり天を指してすくすくと咲き上ることが不思議なのだ。
だから魂たちが宿下がりをしに還ってくるのだと思われてならない。
 つい3ヶ月前私のもっとも仲良しの詩人が逝った。
私も老々介護の視力障害の老夫を抱えていて晩年はほとんど会わず仕舞いに終わったことが大きい大きい損失だった。
   
  花咲けば花の化身に雪積めば
      雪の菩薩になりてゆく人

紅く燃えるほうずきが大好きな人だった。
著作歌集15冊を握り締めて、晩翠賞の偉大なその人は逝った。

posted by うた子さん at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

婆ちゃんのつぶやき4(猫の集会)

またたび通信 
婆ちゃんのつぶやき4(猫の集会)

 夕ご飯がすむと仔猫たちは必ず夜遊びをせがむ。
「ほい、行っておいで」決して不良少年でも不良少女でもないけれど
一体どこへいくのだろう。
雪のない素枯れの野原は走りやすい。
草を泳ぐことがなくて、去年のまま大地にへたり込んだ雑草はもう恰好な
じゅうたんのスロープ。
70メートル一直線のコースを走りまわること500坪
何回繰り返してもいい、ロッキーとお花はマラソン選手のように駆け出す。
そうか野の会議に参加するためか・・・・。
きたきた、お隣のミイもシマタロも議員の仲間.
それぞれ座る位置が決まっていて、それでも議題が何なのかちっとも
わからないけれど、決して喧嘩なんかしないのだ。
縄張りを争うこともなくじっと顔を見詰め合ってやがて散会する。
それから狩りがはじまるらしい。

どんなかすかな大地の鼓動も見逃すことはない、
地下で眠りについた仔ねずみ達がうっかり寝返りでもしようものなら
仔猫達の狩猟本能が火を噴く。
一瞬大地に手を入れて尾っぽでもつかめばもう占めた、
やったぜ婆ちゃん♪ 得意になって彼らは必ず見せに来る。

「わかった、わかった」天上に放り投げたり、草の上を追いかけたり、
しばらく遊んだら
「もう放しておやり、かわいそうだから」
午後10時をまわった。
あの子達遊びすぎだと迎えにゆこう。
懐中電灯を灯して。長靴をはく。
お花おいで〜呼ぶ声は聞こえているのに知らんふりなんかして、首をかしげて。

写真はお花
タグ: 集会
posted by うた子さん at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。