matatabi.jpg

「笹川うた子」歌集のお申し込みはこちらのフォームにて
オールカラー104ページ 税込み1260円(送料無料)

2007年02月05日

後記より

etegami1.jpg   matatabi3.jpg


後記より              笹川うた子

どうしてこんなまで猫にかかわるのだろうか。

人はそう思うに違いないが、理由は簡単でなんとも無性に愛しいのである。

天空にまたたく星屑を眺めても、心の痛みが去ってくれない日も、わずかな言葉の行き違いから人から誤解を受けたときも、母や妹の死にゆきあって人生の寂寞をいやというほどかみしめた日もいつでも懸命に慰めてくれたのが、もの云えぬ猫たちであった。

婆ちゃん、見て?カラスが白樺の雪を落としてる。

そう、すべって転びそうだからだろ。

昨日はカラスのやつ、アタシの小さなしっぽをつかんで毛をむしるんだ。

そうかい、お花のしっぽは柔毛できっと子育ての布団に敷いてやるのだろうよ。カンタロも親になるとこだよ。きっと。少しわけておあげよ。

アンアン

何でも疑問なことは婆ちゃんに聞いて納得したふりをしてくれる。しかし彼らの野遊びの予知能力は人間の幾倍も高度なものであると思えてならない。
 

二センチの猫の尾つかみてはなさざる
カラスのカンタロ 親になるらし


猫の尾の柔毛下され仔の保育
やわき巣床にほしく候


もどり雪背(せな)にあつめて枯葉まで 
両手にまぶして猫帰りくる


この婆々に出会わざりせば猫お花
雨に打たれて野を何処(いずこ)まで



たとえ一首でも成る程と思える言葉に出逢ったら、大変ありがたく、妹からの1本の電話からその気になったこの小冊子、もし猫好きのお友達の方々のお手元にご縁を賜ることがあったら、笑いながらご一読されたくお願い申し上げます。

タグ: 短歌
posted by うた子さん at 08:14| Comment(2) | TrackBack(0) | またたび通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、アビママと申します。
「またたび」が先ほど手元に届いたところです。
まだぱらぱらとしか見ていませんが、よく読むのが楽しみです。
Posted by アビママ at 2007年02月12日 23:54
うた子さんの代理のひよこです。
アビママさん、ありがとうございます。
写真はちょっと古いものが中心で25年くらい前のものだったりします。
短歌もじっくり読むといいものです。
お楽しみくださいね。
Posted by ひよこ at 2007年02月17日 11:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32867101

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。