matatabi.jpg

「笹川うた子」歌集のお申し込みはこちらのフォームにて
オールカラー104ページ 税込み1260円(送料無料)

2007年02月05日

表紙より

萱つり草の指さす空がだんだん高くなって

峻烈な冬への直前をほんの一瞬ではあるけれど、

誰が子の心にも憶い出のひとつやふたるはあろうという、

そんな日本の秋はこよなく美しい。

もし、音があるとしたらあの大空いっぱいに舞う赤とんぼの

一群はどんな音がするのだろう。

仔猫たちはとおい目をして空を見上げる。

野の花の匂いや、雲や、鳥や、虫が大好きだから。

そんな仔猫達の心を抱きしめて話を聞いてあげよう。

これが「またたび」と題してマンガチックな小冊子を作る発火点になった。

発行人 盛岡市指定 小さな博物館 

姫神焼 陶子庵
皆川 禮子
posted by うた子さん at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | またたび通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32858992

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。