matatabi.jpg

「笹川うた子」歌集のお申し込みはこちらのフォームにて
オールカラー104ページ 税込み1260円(送料無料)

2007年04月12日

お花の涙

仔猫 お花の涙

 アンアン、兄ちゃんも、ぢいちゃんも、ばあちゃんもいない。
お花の長泣きがまた始まった。
ロッキーが不慮の事故で死んでから、もう20日ほどになるが、
なかなか濾過できないのだろう。
一週間も食絶ちをしたほどだから・・・・・
お花ちゃん、ここだ、ここだ、風呂場だよ。
ぢいちゃん目が見えないから、ばあちゃんが背中を流しているから
もうすぐお湯から上がるから泣くな。

滑って転ばないよう注意して上がってよ、ぢいちゃん。
一声かけて浴室を離れた。

おうおう、淋しかったか、お花おいで。
抱き上げたコタツに運んだ。
あのなあ、ロッキーは遠い世界に行ったからもう帰ってこないの。
泣くな・・・・
そんな事故に合わせたくないからひとりの外出は禁止なのだよ。
そのため、赤い首輪に小鈴をつけて、青い紐をつけて、散歩を
したいときにはばあちゃんがいっしょだ。
お前の命を守るために拘束するのだから、いじめているのでも
なんでもないのだよ。
ばあちゃんも82歳、お前は今3歳3ヶ月、命の長短は誰にもわからないことだよな。
何だか婆ちゃんが先になりそうでも嘆くことはないのだよ。
娘のいちこさんがきっとあとを引き取ってくれるから。
それまで、ばあちゃんと心からの仲良しでいこう、決して事故になんか
あってはいかんよ、ばあちゃんは決して金持ちでもなんでもないけど
たった少しの幸せでも大事に生きてゆけば、穏やかで大きな幸せに
つながっていくのだからね。
おばあちゃんのいうことわかったか?

その時だった。
お花の右の目にぽつりと浮かんだ露の玉がふっくらとふくらんだ。
お花はあきらかに泣いたのである。
そして懸命に指をなめてくれた。

近頃ありったけの華やかな仕草でしゃべりまくって若い芸能人たちを
家来にしているような易者が
「心あるのは人間だけで動物には心がないのよ」と言った。
馬鹿かと言いたい。
どんな動物にも温かい心は脈々と流れているのであって、一期一会
いろんな動物たちと関わりあう運命があるとしたら、大切に
つきあってやるべきだと私は思う。
 
山の動物たちがなぜ里におりてくるのか。
彼らの食の連鎖を荒らしているのは人間ではないのかと私はいつも
悲しい思いで鉄砲に追い立てられてゆく彼らを見つめてしまう。

山の果実、木の実、草の実、山菜など奪わなくたっていいではないか。
森を荒らすな、木を伐るな、川を汚すな 山に住むものの当然の
権利を無視して飢餓線上に追うてはならないと私は思う。
タグ:猫 
posted by うた子さん at 10:41| Comment(47) | TrackBack(0) | またたび通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。