matatabi.jpg

「笹川うた子」歌集のお申し込みはこちらのフォームにて
オールカラー104ページ 税込み1260円(送料無料)

2007年03月29日

ロッキーへの挽歌

ロッキーへの挽歌 散り行く仔の悲しさ

 ゆきつもどりつしながら、冬と春をいったりきたりするような今年の不思議な天候である。
そんな時、起こった我が茅屋の悲しい出来事。

3月にはいっての10日、あれ?なんだかロッキー元気がない。
みれば、黄色の吐しゃ物がジュータンを汚していた。
どうした?お前、食いしん坊の仔だから何か悪いものを食べたな?と思った。
しかし、吐いたことがよかったのか、持ち直して走る跳ぶ、
食べる、眠る、いつもの動作が帰ってきた。
 翌々日、外へ出たいというから、すぐ帰っておいで、なにげなく不注意な声をかけて夕方になった。
 お花ちゃん、兄ちゃんを迎えに行っておいで、遅すぎる。
お花は戸口から一歩外へ出たとき、外の長椅子の下を見て、ぎょっと後ずさりした。

どうしたの?
見れば、いつも元気印のロッキーが横たわったまま雪にまみれながら激しい呼吸を繰り返していた。
大変だあああ、又毒物を食ったか、婆ちゃんのあわて方は尋常ではなかった。
塩水を飲ませて吐かせよう、逆さまにした。
呼吸を助けようと胸部をさすった。手足をさすった。
しかし10分後
婆ちゃんの手の中で、ことりと落ちて動かなくなった。

なんということだ・・・・・・
ロッキーよ、たった3年3ヶ月の命か。
わなわなと手も足も震えて一歩も歩けなくなった。

こうして3月13日、ロッキーは逝った。
人でいうなら高校2年生くらいのやんちゃ坊主、
元気がすぎて時々叱られることはあっても、いじめたこともなければ、ひもじい思いをさせて覚えもなかった。

お前、婆ちゃんの家族になって幸せかと問うて握れば、しっかりと握り返してくれる仔だった。
背骨と肋骨を骨折して死線をさまよっている婆ちゃんの枕元に添い寝して指をなめたり頬をなめたり懸命に励ましてくれた仔だった。

泣くな、婆ちゃん、おいらがついているじゃないか、そういってくれた。
雲ゆきて再び帰らず、人もまた動物たちも再び還らず、こんなさだめなのかもしれない。

その夜、老夫も婆もそしてお花もみんな泣いて夕飯を食べる元気は一人もいなかった。
翌日次女の助けを借りて、市の火葬センターへ送った。
次の世は人に生まれよ。
物は言えなくても啼いて探して
「婆ちゃん、兄ちゃんがいないよぉ」
妹のお花は凡そ1週間食事をとることができなかった。ただ水だけで7日間過ごした。

兄妹仲のこよなくいい仔達だったからよほどのショックに違いない。
そして21日が彼岸の入り、ようやく乾燥餌とマグロのお刺身を口にした。
庭の樹林に風が立って、静かに雨が来た。

ロッキーが生前、玩具にして駆けっこの相手をしていた赤い毛糸のボール玉が鈴をつけたまま小枝にゆれている。
庭の散歩が好きだったから、この小枝につるしておいてあげるからね。
私は空に向かって言った。

それにしても人間のこよない友として、心を慰めてくれる仔らのために、
お願いだから毒餌などばらまかないでほしい。
こういう人間はきっと釈迦尊もイエズス様も決して良い往生をお恵みにはならないだろうと私は信じている。
生きとし生きるものすべて一期一会の付き合いを大切にしてこそ、この世は美しいのではないかと思うから。

タグ:
posted by うた子さん at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | またたび通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。