matatabi.jpg

「笹川うた子」歌集のお申し込みはこちらのフォームにて
オールカラー104ページ 税込み1260円(送料無料)

2007年02月17日



盛岡市指定 小さな博物館
姫神焼 陶子庵
皆川禮子


 麦秋の風が立っている。東へ向かって雲が流れて、しかし同じ
雲はもう再び引き返しては来ない。昼寝の猫の夢をさまさぬ程の
蹲の水の音が、ぽつつん、かんと冴えた涼風をかすかに送り
込んでくる。轆轤を廻す作品に一段落ついたら、忘れていた指先の
痛みがしーんとぶりかえしてきた。
 私の老後は陶工として明け暮れているが、ふと、そうだ姉に電話を
いれてみよう。

「ねえ、いきなりだけど、私の発想よ、猫の歌を詠んでみない?
猫三昧、猫のまほろば、猫百態、猫づくし、猫曼陀羅・・・・。」
「それはおもしろいけど、なかなかむずかしいね。年を重ねただけで
自分の力量もほどほどで抜群とはとても言いかねるから、どうせ
漫画の域を一歩も出ないね。花鳥風月より数段むずかしい」
「それでいいのよ、葉書大のお笑い漫画、猫たちもきっと喜ぶ・

 姉は自称泣き虫の猫歌人、何とかかんとか、おだてにのって、
それもそうねと話にのってくるに違いない。そんなところが、
半ぼけ老人になりかけた老女の可愛いところ。考えてみると、
姉妹娘共、連理の枝に連なる人の家にはほとんど猫だらけ。
どうにも天下無類の猫キチ軍団の集まりで、仲良しの隣の奥様方まで
巻き込んで、ワアワアお話がはずめばモデルに事欠くことはない。
 こうして、はじめたのがこの小冊子。もしご友人の方々のお膝元に
猫たちが駆け込んでゆくご縁を得ましたらなら、どうぞ笑ってやって
くだされば幸いでございます。
 見上げれば満天の星、幸不幸は常に紙一重。殊にも小動物たちの
生命は人間の4分の1に過ぎません。この愛しい者たちと温かく
共生してこそ花の咲く地球という星は美しいのだと信じています。
気軽に猫たちのあけくれにつきあって、この仔たちからどんな心の
憩いをもらい受けたか、このかなしいまでのかすかな重さを解って
やれることこそが、共存して感じる一期一会の大切な歩みなのでは
ないかと想っています。

posted by うた子さん at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | またたび通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

後記より

etegami1.jpg   matatabi3.jpg


後記より              笹川うた子

どうしてこんなまで猫にかかわるのだろうか。

人はそう思うに違いないが、理由は簡単でなんとも無性に愛しいのである。

天空にまたたく星屑を眺めても、心の痛みが去ってくれない日も、わずかな言葉の行き違いから人から誤解を受けたときも、母や妹の死にゆきあって人生の寂寞をいやというほどかみしめた日もいつでも懸命に慰めてくれたのが、もの云えぬ猫たちであった。

婆ちゃん、見て?カラスが白樺の雪を落としてる。

そう、すべって転びそうだからだろ。

昨日はカラスのやつ、アタシの小さなしっぽをつかんで毛をむしるんだ。

そうかい、お花のしっぽは柔毛できっと子育ての布団に敷いてやるのだろうよ。カンタロも親になるとこだよ。きっと。少しわけておあげよ。

アンアン

何でも疑問なことは婆ちゃんに聞いて納得したふりをしてくれる。しかし彼らの野遊びの予知能力は人間の幾倍も高度なものであると思えてならない。
 

二センチの猫の尾つかみてはなさざる
カラスのカンタロ 親になるらし


猫の尾の柔毛下され仔の保育
やわき巣床にほしく候


もどり雪背(せな)にあつめて枯葉まで 
両手にまぶして猫帰りくる


この婆々に出会わざりせば猫お花
雨に打たれて野を何処(いずこ)まで



たとえ一首でも成る程と思える言葉に出逢ったら、大変ありがたく、妹からの1本の電話からその気になったこの小冊子、もし猫好きのお友達の方々のお手元にご縁を賜ることがあったら、笑いながらご一読されたくお願い申し上げます。

ラベル: 短歌
posted by うた子さん at 08:14| Comment(2) | TrackBack(0) | またたび通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表紙より

萱つり草の指さす空がだんだん高くなって

峻烈な冬への直前をほんの一瞬ではあるけれど、

誰が子の心にも憶い出のひとつやふたるはあろうという、

そんな日本の秋はこよなく美しい。

もし、音があるとしたらあの大空いっぱいに舞う赤とんぼの

一群はどんな音がするのだろう。

仔猫たちはとおい目をして空を見上げる。

野の花の匂いや、雲や、鳥や、虫が大好きだから。

そんな仔猫達の心を抱きしめて話を聞いてあげよう。

これが「またたび」と題してマンガチックな小冊子を作る発火点になった。

発行人 盛岡市指定 小さな博物館 

姫神焼 陶子庵
皆川 禮子
posted by うた子さん at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | またたび通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。